カボチャのおばけ

もうすぐハロウィーン

そろそろハロウィーンですね。10月に入ったあたりから、お店にジャック・オ・ランタンやお化けのオーナメントが目立つようになってきました。ショーウィンドウにドーンとカボチャを飾ってるお店もありましたよ。

数年前は、「ハロウィーン、何? カボチャをどうすんの?」ってな感じでしたが、ずいぶん定着してきたようです。

日本人は季節物が大好きだから… なんて話を聞いたことがありますが、もしかするとこのハロウィーンって大切なストッパーの役目をしてるんじゃないかと思うんですね。

というのも、ニュースで聞いた話では、この25日に阿倍野の近鉄百貨店でクリスマスツリーの試験点灯があったそうなんですよ。まだ10月だというのに、もうクリスマス。早っ!

この調子だと、もしもハロウィーンがなかったら、気の早い人は9月からクリスマスをお祝いするようになってしまうかもしれません。そんなことになったら本番の12月は一体どうするんでしょう。

管理人のそんな身の回りのハロウィーン事情。ハロウィーンはしっかり10月31日で頑張ってほしいと思います。

勢いで始めましたが、手近にあるものなら何でもいいというわけではないみたいです

さてさて、我が家のハロウィーンです。今回はジャック・オ・ランタンにチャレンジしてみました! 怖い顔を刻んだカボチャにロウソクを入れて提灯にする、あれです。西洋ではこの提灯を玄関先に置いて、悪霊払いにするそうですよ。

使ったのは、このカボチャ。コープで家計応援になっていた、普通の食用カボチャです(笑)

個別宅配ではこんなふうにシートがはりついて届くんですよ。

コープのカボチャ

使ったのは、コープさんで購入した、この普通のカボチャ

あとで知ったんですけど、日本のカボチャは堅いので、細工ものにはあまり向かないそうですね…。

ええ~っ!? そうなの~??

でもレンジでチンしながらスプーンでここまでくりぬきました! えらいぞ、私(涙)

くり抜いたカボチャ

電子レンジでチンしながらやると、硬いカボチャもここまでくり抜けます

カボチャの表面に竹串で線をつけながら顔を作成。目・鼻・口の角を竹串で刺して穴を開け、その穴に見当をつけながら先のとがった包丁でこじ開けてみました。この辺はけっこう快調♪

カボチャの目鼻の作り方

串を刺して、「この辺」という目安を作ると目鼻も作りやすい

程なくして完成~! パチパチパチ。

ジャック・オ・ランタン完成

執念のジャック・オ・ランタン完成!

でもね、なんだかちょっと不安定(汗)

やっぱり半分しかないってところがダメなんでしょうか、このまま倒れたらロウソクを弾き飛ばしてしまいそうです。

カボチャの裏

要注意・半分しかないので、非常に不安定です

ならば… えいっ! ジャック君を押し倒してしまいました(笑)

安全第一で対策してみた

ロウソクの上にカボチャを被せてみた

それでは、部屋を暗くしてみますよ~♪

暗闇の中のジャック・オ・ランタン

部屋を暗くしてみると、けっこう雰囲気あります♪

おお~、いい感じではありませんか。これがクリスマスなら、クリスマスソングを口ずさみたくなるところです♪ ハロウィーンの場合は…。どうするの?(汗)それでも、うっとりと眺めていたところ──

んん?(くんくん) なんか、におう。(くんくん)

ジャック・オ・ランタン、負傷

焦げました…

きゃああああ…! ジャック君の眉間が焦げてます~~~(涙)

教訓:火の元注意。使うカボチャはやわらかい品種で! ロウソクの炎が当たらない大きなものを使うこと

管理人が利用しているのはコープこうべですが、日本全国にはいろんなコープさんがあります。当ブログには特集ページ「コープの宅配豆知識」もあるので、参考にしてみてくださいね。 コープこうべ、おうちCO-OP、コープデリ、パルシステムの比較記事もあります。