甘辛味のタレがしみてる、やわらかチキンカツ「甘辛チキン南蛮カツ」

この記事は約3分で読めます。

甘辛チキン南蛮カツ

「甘辛チキン南蛮カツ」を購入してみました。年末に3個まとめ買いで999円だった1品です。

国産若鶏ムネ肉のカツに、醤油ベースの甘辛たれを染み込ませているので、やわらかな食感になっているのが特徴みたいですよ。

サクッとした食感と、パン粉のツノが立っている状態にもこだわっているみたいで、使われているパン粉はオリジナル。トレーに詰めるのも、すべて人の手作業で行われているのだとか。紙でできたトレーも衣を守るためかしっかりと高さがありますね。

甘辛チキン南蛮カツのトレー

発売は2007年。小さな子どもから年配の方まで、幅広い年代に支持されるロングセラー商品ですが、発売から10年を経過したことを機に、2018年4月にリニューアルしています。

リニューアルポイントはこんな感じ。事前にアンケートをとって、改善点を絞り込んだそうですよ。

・「もっとお肉を感じたい」の声にこたえて → 仕込み時で16%肉量をアップ
・「衣の油っぽさが気になる」「少し味が濃いかも」の声にこたえて → 衣は薄く

愛されポイントの「特製の甘辛たれ」の味は変えずに、食べごたえと食感が改善されておいしくなっているみたいです。

【調理方法】
・凍ったままの商品を袋から取り出して耐熱容器に移し、ラップをかけずに電子レンジで加熱してください。
・加熱ボタンに「強」「弱」がある場合は「強」を使用してください。
・調理時間は下記の表を目安にしてください。
1個 2個 4個 6個
500w 約1分 約1分10秒 約2分 約3分
600w 約50秒 約1分 約1分30秒 約2分20秒

ちなみに、リニューアルに伴って、紙トレーの半分の所にはミシン目が入るようになったそう。ここから折りたたんだり、切り取れるようになっています。

冷凍庫での保管がさらに使い勝手よく、廃棄するときもコンパクトにできる工夫です。

チキン南蛮カツ ミシン目の位置

ミシン目は、たぶん黄色い線で書いた辺りにあったんじゃないかな(汗)

というのも、管理人は実はこのミシン目を意識してなかったんですね。2回に分けて食べたのですが、そういえば半分食べて冷凍庫へ戻すとき、このミシン目で切って半分にした気がするのです、確か。

特に何も考えずになんとなくやったことだけど、後で考えると計算され尽くした設計だったというわけですね。

お味のほうは、甘み、酸味、醤油でバランスを取った味わいということですが、酸味はそんなに感じないかな。パッケージ書いてあるとおり電子レンジであたためて、野菜と一緒に頂いたのですが、管理人はおいしくいただくことができました。

ただ、甘みが少しあるので、sumi父は少し苦手だったもよう。やわらかいので、食べやすいところはよかったみたいです。鶏胸肉だけど、パサツキもなかったし。

パンに挟んだり、野菜と一緒に炒め合わせたりとアレンジがきくらしいので、ひと手間かけたら、また違う味が楽しめるのかもしれません。機会があったらまた利用してみようかなと思います。

【栄養成分表示1個33.75g(平均重量)】
エネルギー 87kcal
タンパク質 3.6g
脂質 5.0g
炭水化物 6.9g
食塩相当量 0.3g

コメント

タイトルとURLをコピーしました