東北発のコープ商品「あずきバター」は意外とカロリー低め

この記事は約4分で読めます。

先日、コープこうべネットのツイッターアカウントで、「東北発コープ商品」の話題がありました。

「うれしい6種の素材ミックス」と「三陸産わかめスープ」をモニターされた方の感想が「みんなのタネ」で紹介されていたのですが、その記事のプレゼント企画として、「うれしい6種の素材ミックス」と「あずきバター」があがっていたのです。それが上記のつぶやき。

ちなみに、このときのプレゼント企画はまだ続いていて、9月17日(火)までやってるみたいです。もし間に合うようなら、コープこうべネットのツイート先の特集ページを覗いてみてくださいね。ページ下に応募ボタンがありますよ。

管理人もプレゼント企画には応募したんだけど、このとき宅配カタログ「めーむ」にも「あずきバター」が掲載されていて、普通に購入できるじゃありませんか。ということで、早速、注文してみました。

しっかりあずき、でもなめらか

あずきバターと牛乳の大きさ比べ

というわけで、届きました。北海道産のあずきを100%使用した「あずきバター」です。名称のところには、「バター入りあずきスプレッド」と書いてありますよ。スプレッドというのは、パンやクラッカーにぬるペースト状の食べ物のことです。

作っているのは、宮城県の株式会社やくらいフーズという所。生活協同組合コープこうべの商品情報によると、2019年3月から供給開始した商品になるようです。

参考 コープ商品 | 生活協同組合コープこうべ

155gって、具体的にどれくらいかよくわからなかったんですけど、牛乳パックと比べるとけっこう小さいですね(汗)

直接、食べてみると、バターが入っているためか少し塩味がきいてる? という感じ。でも、パンにぬってみるとそんなに塩味は感じませんでした。甘いです。おいしいアンパンです(笑)

原材料名には「水あめ」や「寒天」があって、蓋を開けてすぐの見た目もツルンとした表面で、「確かにそういうの入ってるよねー」というふうに見えたんだけど、意外とのびがよくてパンにも塗りやすいです。

意外とよくのびます

「あずき」といっても、粒感は微妙に残っている程度なので、口に残ったりはしません。あんこの粒々が苦手という人もおいしくいただけそう。

ちょっと注目だったのは、他メーカーの「小豆&バター」を組み合わせた商品には、砂糖、水あめに加えて蜂蜜が入っていることが多かったのに、コープのあずきバターにはエリスリトールが使われていたところ。

これ、なっちゃんさんの「カイタ食堂」で使ってた甘味料ですよ。

参考 自宅で今年最後のブルーベリーでマフィンをつくったよ | カイタ食堂

カイタ食堂によると…。

・エリスリトールは砂糖の70%の甘さ
・体内で吸収されても代謝されないのでカロリーは0

ということで、確かにこの「あずきバター」も、1食あたりのエネルギーは58Kcal程度でした。

栄養表示成分 1食20gあたり
エネルギー 58kcal
タンパク質 0.6g
脂質 1.1g
炭水化物 11.5g
 ─糖類 7.2g
食塩相当量 0.05g

いつも食べているコープスの「熟成ローヤル」は1枚あたり189kcalなので、20gほどぬってもこんな感じなのですね。

189kcal+58kcal=247kcal

ゆであずきとバターで「あんバタートースト」にすると388kcalくらいあるみたいなので、あずきバター&トーストの組み合わせは、カロリー的にもけっこう抑えることができるみたいです。

けっこう、なめらか

最初は、「ちょっと小さいんじゃね?」と思った容器の大きさも、しっかりしたあずきの味わいとバターのコクがあるので、「この程度の大きさでもいいかも」と思いました。

155g÷20g=7.75gで1週間くらい

1食20gで単純に計算すると、1人で1週間分くらいですが、パンにぬるだけならそんなにつけなくてもおいしいので、我が家では大人2人で、1週間くらいは食べれそうかな。

注意点としては、開栓後は冷蔵で保存すること。あと、バターの成分が白く固まることがあるみたいです。

今のところ我が家では、冷蔵庫に入れても特に固まることなくおいしくいただくことができています。冬みたいに寒くなったら固まりやすくなるのかな? もちろん、固まっても品質には問題ないですよ。

トーストやパンケーキの他、バニラアイスのトッピングにしてもいいみたいなので、もう少しあるうちに何か試してみようと思います。

その他
暮らしプラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました